<   2012年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

オンライン販売専業の店舗など様々な形態が増えて行っている。

店舗・企業によっては、元となった作品の版権元から正式な版権使用許諾

、原作者やアニメ・ゲーム制作者からの監修を得て制作される場合もある。
[PR]
近年ではメイド喫茶に代表されるコスプレ系飲食店などの増加で需要が伸び、

店舗の種類も多くなっている。個人資本による店舗、企業経営による店舗

いわゆるから業態転換した店舗ハロウィン衣装のお店などAKB専門店です。
[PR]
by muratatakatuna | 2012-10-28 08:32 | 通販コスプレ
自分の体型に合わせた物が必要な場合はオーダーメードに応じるのが一般的である。

また、店舗によってはキャラクターグッズを販売しているものもある。
[PR]
by muratatakatuna | 2012-10-27 07:38 | 通販コスプレ
こうした点に目を付けてできはじめたのがコスプレショップで、

コスプレ用の衣装や小道具を製作販売するのが主な事業内容といえる。

こうした衣装や小道具は、既製品をそのまま販売する他、既製品にないもの
[PR]
by muratatakatuna | 2012-10-26 21:44 | 通販コスプレ
衣装を自作できないコスプレイヤーが増えていった。

また自作しようにも、衣装の構造上自作不可能なものも存在するため、

個人では作成できないケースもある。
[PR]
by muratatakatuna | 2012-10-21 07:41 | 通販コスプレ
コスプレを行う際には基本的にコスプレイヤー自らが衣装を自作するものであったが、

コスプレ愛好者の層が拡大するにつれ、裁縫ができない、衣装を自作する技術がない、

制作する時間がないなど、
[PR]
コスプレショップとは、アニメ・ゲーム・漫画などのキャラクターなどを

始めとするコスプレ用の衣装、制服、コスチューム等を製作、

販売している店舗のことである。
[PR]
by muratatakatuna | 2012-10-19 21:42 | 通販コスプレ
中国には様々な題材で仮装して劇を行う文化があり、角色扮演は同好会を作って数人でキャラクターに扮し、
寸劇を行うことを意味している。台湾や韓国等でも同人誌即売会やイベントが開催され、
日本作品のコスプレも行われている。
[PR]
中国では、日本の漫画やアニメを愛好する者によるコスプレ(角色扮演)が行が行われる。

中国政府は危機意識やビジネスチャンスなどを踏まえた上で、

国家事業としてコスプレイベントの全国大会である角色扮演嘉年華(

コスプレカーニバル)を毎年主催している。
[PR]
各種のアニメコンベンションではアメリカン・コミックス

『スター・トレック』、『スター・ウォーズ』のような自国の作品のみならず、

日本発祥の作品のコスプレも行なわれる。こうしたコンベンションでは

扮装を行うだけでなく、「マスカレード」と呼ばれる寸劇によるコスプレコンテストも実施される。
[PR]
←menuへ