カテゴリ:コスプレアニメ衣装( 216 )

コスプレを行う際には基本的にコスプレイヤー自らが衣装を自作するものであったが、

コスプレ愛好者の層が拡大するにつれ、裁縫ができない、衣装を自作する技術がない、

制作する時間がないなど、
[PR]
中国には様々な題材で仮装して劇を行う文化があり、角色扮演は同好会を作って数人でキャラクターに扮し、
寸劇を行うことを意味している。台湾や韓国等でも同人誌即売会やイベントが開催され、
日本作品のコスプレも行われている。
[PR]
中国では、日本の漫画やアニメを愛好する者によるコスプレ(角色扮演)が行が行われる。

中国政府は危機意識やビジネスチャンスなどを踏まえた上で、

国家事業としてコスプレイベントの全国大会である角色扮演嘉年華(

コスプレカーニバル)を毎年主催している。
[PR]
各種のアニメコンベンションではアメリカン・コミックス

『スター・トレック』、『スター・ウォーズ』のような自国の作品のみならず、

日本発祥の作品のコスプレも行なわれる。こうしたコンベンションでは

扮装を行うだけでなく、「マスカレード」と呼ばれる寸劇によるコスプレコンテストも実施される。
[PR]
欧米では「日本発の新たな文化」と見られるが、流血等の

表現が問題視されることもある。また、発祥が日本という事で、

外国の異文化に対する差別思想の対象となることもある。
[PR]
それには、日本人のコスプレに対するイメージが「オタクがやるもの」に対して、

日本国外のコスプレに対するイメージが「何かになりきってみんなで騒ぐのは最高」という、

コスプレに対するイメージの違いが大きいとする意見がある
[PR]
コスプレの浸透は、欧米諸国を始め、東アジア諸国では韓国、中国、台湾、香港、

東南アジア諸国等でコスプレを行なう層が増えている。

世界コスプレサミットなどにおける各国での予選会場の中には、

日本人には想像もつかないほどの盛り上がりとなっているところもある
[PR]
2007年8月には衣装製作会社などが非営利法人「日本コスチューム協会」の
設立準備委員会を発足、参加企業を募った上で、年内に正式に協会を発足すると
発表した。同協会では日本のコスチューム文化の啓蒙や健全な発展を目的とし、
[PR]
2005年11月15日に紀宮清子内親王が黒田慶樹と結婚した際に、結婚披露宴で着用した
ウェディングドレスは、『ルパン三世 カリオストロの城』のヒロインであり、
劇中に登場するカリオストロ公国大公家の継承者であるクラリス姫の
ウェディングドレスを模したものだった。
[PR]
コスプレサミットは2005年は名古屋市内だけではなく愛・地球博会場でも
行われ、ネット関連でライブドア(世界最大のコスプレコミュニティサイト「Cure」を傘下に持つ)
の協力を得ており、2006年は大須夏まつりにて開催され、
外務省・国土交通省の後援を得るなど、年を追う毎に大規模化している。
2005年は欧米と中国の6国で、2006年には更にタイやブラジルでも予選が行われている。
[PR]
←menuへ